Document
シンプレスジャパンは、

マス・カスタマイゼーション

マス・カスタマイゼーションとは、大量生産(マス・プロダクション)の特徴と、カスタム化(カスタマイゼーション)の特徴を融合したビジネスモデルです。

シンプレスでは、構造化されたデータ処理フローで多彩な注文データをグループ化し、デジタル化された製造ラインの構築でセットアップにかかる時間を大幅に縮小しています。それにより、大規模生産の信頼性と安定した品質を維持したまま、お客様一人ひとりが自由にカスタマイズした極少量の注文を、いつでも自由にお手頃な価格で手に入れられることを実現しています。

木更津工場

マス・カスタマイゼーションは、コストの削減だけでなく、生産の迅速化を実現し柔軟な配送オプションの構築を進めます。また、不動在庫の排除、製品の選択肢の拡大、品質向上などにも大きく貢献します。

マス・カスタマイゼーション・プラットフォーム
MASS CUSTOMIZATION PLATFORM (MCP)

シンプレスは、豊富なモジュールを備えたマルチテナントマイクロサービスアプリケーションとして、マス・カスタマイゼーション・プラットフォーム(MCP)を展開し、グループ会社間や取引先を結んでいます。

木更津工場

わたしたちはMCPのビジョンを「Cimpressビジネス向けのマイクロサービスビュッフェ」と呼んでいます。シンプレスが用意したマイクロサービスをそのままの組み合わせで使うのはもちろん、必要な機能だけを自由に組み合わせることが可能です。

新商品の導入や、ユーザーエクスペリエンスの改善、サービスや品質、配送の選択肢を増やすことによる顧客満足度の向上を、簡単かつ迅速に行うことができます。

例えば、このMCPをシンプレスグループの会社間で使うことで、データ作成のサポートや製造委託、サプライチェーンネットワークを利用した配送ソリューションを活用することが可能です。また、これらの機能は第三者との接続が可能となるように設計されているため、グループ以外の企業とも相互に委託製造および販売を実現することができます。

木更津工場ではビスタプリント製品の生産・出荷だけではなく、MCPネットワークを活用することにより他社の事業展開をサポートすることが可能です。


MCPネットワークを活用した事業展開にご興味がある方は
こちら

PAGE TOP